APC by Schneider Electric の RoHS および REACH コンプライアンスに関する知識は、サードパーティーから提供される情報に基づいています。そして入荷する部品や材料に関して、破壊試験や化学分析など代表的で正確な情報を得るするため、適切な手順を過去も現在もとり続けています。 

RoHS 指令に準拠するということは、その製品が EU 指令 2011/65/EU (RoHS2) の基本要件に準拠しているということです。 特に注意していただきたいのは、多くの APC 製品は CE マークを付けるために EC 適合宣言を取る必要はなく、テクニカルファイルも必要ありません。

製造品に一般的に使用されている部品は RoHS に準拠しており、部品と材料の入庫時に試験と化学分析を行って、deca-BDE モノマーを含む合計 PBDE が 1,000 ppm (0.1 wt%) 未満であることを確認しています。 

REACH コンプライアンスとは、宣言した製品が 1,000 ppm の濃度を超えるリストに記載されている高懸念物質 (SVHC) を含んでいないことを意味します。 このコンプライアンス情報が、私たちの製品に含まれる高懸念物質 (SVHC) に関して最もよく知られた情報です。高懸念物質 (SVHC) リストは常に更新されており、準拠宣言は、特にそれ以外の発表がない限り、REACHウェブサイトにリストされている最新物質について行われています。この準拠情報は時が経つと、製品知識が深まり、高懸念物質 (SVHC) が追加されて変化していきます。

RoHS および REACH 宣言は製品ページか Check a Product ツールから見ることができます。 

APC 製品のコンプライアンス状況の確認 (英語サイト)

サプライヤー責任

APC by Schneider Electric (APC) は対象となるあらゆる規制、国際プロトコル、顧客の基準に完全に準拠した製品を顧客に提供することを使命としています。 私たちのサプライチェーンは、私たちがこの使命を達成する上で非常に大切なパートナーです。 サプライヤーが提供する製品、部品、材料が規制の各要件に確実に準拠するように、また準拠していることを実証するために必要なデータを提供するように、私たちはサプライヤーに協力を求めています。

サプライヤー責任基準

詳細はこちらから