サーバールームを仮想化した後に何をすべきか? 中小企業が直面する一般的な課題とその解決策

サーバーの仮想化は、企業がITフットプリントを整理統合するための手段として提供されてきましたが、この技術は数年前まであまり一般的ではありませんでした。 小規模な企業の多くは、仮想化技術を採用するにあたり、ITインフラの適切な設計、保守、および最適化に関して、どこから手をつけてよいのか途方に暮れています。 これらのノウハウについては、大規模なデータセンター向けの情報は豊富にあっても、中小企業向けのガイダンスはほとんどありません。 大企業に比べて、ITインフラを適切に設計および管理するためのリソースと経験がより限られている中小企業にとって、適切なガイダンスはより一層重要です。 さらに、中小企業のITインフラはクラウド上のデータへの接続だけではなく、事業の継続性と成功にとっても重要な存在です。

この記事では、エネルギー効率化の実現と配線クローゼットおよびサーバールームの業務効率の最大化を目指すにあたり中小企業が直面する一般的な課題を取り上げ、これらの課題の克服に役立つ解決策とベストプラクティスを提案します。

課題1: 統合化および仮想化したサーバーとネットワーク機器の保護と整理

サーバーの一部またはすべてと、プロセスを仮想化した中小企業は、ITインフラの効率化に向けた重要な一歩を踏み出していますが、仮想化後の物理機器は、数は減ったものの、重要性は以前よりさらに高まり、保護を必要としています。 さらに、IT機器を1か所に整理することで、脆弱性が増す可能性もあります。

解決策: サーバーおよびネットワーク環境向けに適切に設計されているラックにより、中小企業は、重要なサーバーを適切な環境条件で確実に動作させることができます。 この種のラックにはケーブル管理や配電などの機能があり、整理を徹底したり、トラブルシューティングの人為的ミスを減らしたり、暖気と冷気の流れを隔離したりする上でも役立ちます。  中小企業は、電力配分装置(PDU)と無停電電源装置(UPS)でオンサイト機器を停電や物理的な脅威、環境上およびセキュリティ上の脅威から保護することにより、これらの可用性を維持する必要もあります。 PDUの種類によってはカスタマイズ可能な出力と能動的なモニタリングを実現し、個々のコンセントの不正使用を制限して、回路の過負荷状態を避けることができます。 UPSシステムは商用電源に障害が発生した場合に実行時間を確保し、重要なコンピューター機器および接続機器の動作を維持します。

課題2: 仮想サーバーの安全なシャットダウン

仮想環境は実装および管理が容易になっていますが、いまだに停電の影響を受けやすいITインフラからの電源と冷却に依存しています。

解決策: 理想としては、すべてのIT設備が発電機またはUPSを備えた拡張バッテリーパックを使用し、実行時間を最大化して長時間の停電を乗り切ることです。  ただし、いずれのソリューションも利用できない場合、サーバー、アプリケーション、およびデータを破壊から守る上では、セーフ シャットダウン ソフトウェアと、UPSやPDUシステムなどの事前に設定された機器が極めて有効です。 リモート管理機能および電源トラブル、停電、およびバッテリー寿命に関する事前対処的な通知と警告を持つソリューションを探しましょう。

課題3: 専用ITスペース外でのIT機器およびネットワーク機器の導入

多くの中小企業がIT専用スペースにIT機器を配備しているわけではないため、新しいIT機器を導入する際に、スペースが足りなくなる可能性があります。

解決策: 専用ではないスペースでの機器導入用に特別に設計されたラックを使用することで、専用ITスペースと同じ電源、冷却、および保護機能を実現できます。 UPSシステムとケーブル管理を装備し、ファンで換気される防音ラックは、設置および管理が容易であるとともに、重要な電源バックアップおよびリモートモニタリング機能を提供します。

課題4: 使用床面積の最小化

多くの中小企業は、床面積が不足して機器のセキュリティ確保が難しいという課題に直面しています。

解決策: 床面積を確保できないIT環境では、壁掛けソリューションが最適です。 あらゆる種類の機器を簡単に収納でき、リバーシブルの取り付けレールが付属し、さまざまな配備が可能なソリューションを探しましょう。 壁を軸に向きを変えられるラックであれば、メンテナンスや設置の際、機器へのアクセスがより簡単になります。 構築したシステムの接続を維持する分散型の機器にちょうど十分なスペースを残す、13Uのラックが理想的です。

課題5: スペースの最大限の活用:狭いスペースへのIT機器の設置とサーバールーム容量の拡張

小型のラックではネットワーククローゼットに設置できる機器の台数と可用性が制限されますが、大型機器は場所をとり、中小企業のITスペースによくある狭いコーナーや小さいクローゼットには合いません。

解決策: 形状や面積にかかわらず、短期間での拡張性を実現する低コストで柔軟なソリューションをスペースの最適利用に役立ててください。 スリムな2ポストラックとモニタリング機器を使用すると、整理整頓を最適に行うことができ、窮屈なITスペースに入らずにすみます。 垂直のケーブル管理設備によってもケーブルを整然とした状態に保つことができ、ケーブルの配線と取り付けが簡単になります。 リモート モニタリング ソフトウェアは、使用状況を集約して監視して、容量プランニングおよび最適化を図るのに役立ちます。

課題6: 整理統合したサーバールーム内スペースの最適化

ITスペースを再設計または変更せずに機器を整理統合すると、不要な電力および冷却コストが増加する場合があります。

解決策: 簡単に拡張できるよう構築されたサーバールームを配備すれば、冷却機能をすでに含むスペースが活用されます。 3 kVA単位のシンプルで何度も配備し直しが可能な設計は、ラック型UPSに電源保護とサーバーおよびネットワーク機器の混在に対応するための十分なコンセントを提供します。

課題7: 小規模なサーバールームとネットワーククローゼットによるコスト管理

特にネットワーククローゼットに大きい予算を割けない中小企業では、IT機器の保護、適切な冷却、および可用性の確保のコストが高額になる場合があります。

解決策: わずか400ドルからのラックソリューションは、機器を管理して最適な冷却を実現でき、設置が簡単です。 4ポストのオープンフレームラックは、機器を床に置かずに整理できるシンプルな手段です。

狭いスペースへのIT機器の配備に伴う諸課題に直面している中小企業は、上記の実践的でわかりやすい指針に従うことにより、効率化を図り、業務を合理化し、機器保護を強化できます。 また、ダウンタイムのリスクの軽減は、事業の収益性向上とカスタマーエクスペリエンスの改善につながります。