ブレイキング・バッドがエミー賞を受賞した(そしてシーズン6が始まるという間違った噂が流れた)後、私は、このドラマとこのドラマが社会のあらゆる層に与えた影響について思いを馳せました。 私はメインストーリーに釘づけになりましたが、私たちが普段採用しているテクノロジーに簡単に応用できる重要な教訓に満ちた意味深なセリフも同時に楽しみました。 このドラマがすばらしいのは、登場人物の誰もがそのような金言を口にすることです。 例えば、主役のウォルターを相手に、自分が人生において犯した過ちについて話す元警官マイクの言葉を見てみましょう。 「やり通すべきだったのに、中途半端なやり方を選んでしまったんだ。 同じ過ちは二度としない。 中途半端はもうなしだ、ウォルター」 – (マイクのセリフ)

テレビの歴史に残るような最高のシーンが満載のこのドラマの中でも、ここは最もすばらしいシーンのひとつだと思います。もちろん、これはマイクに限ったことではありません。 私たちは皆、人生のどこかで中途半端なことをしています。 みんな近道をしようとして、次のような過ちを犯します。

  1. 目の前の仕事を重要ではないと考えてしまう 
  2. 重要性は認識しているが、やり遂げるための時間、労力、費用をかける気にならない
  3. 仕事の重要性を認識できず、安易に扱ってしまう

ネットワークに接続されている家庭が増える中、日々の暮らしに忙殺されている私たちの多くは、家庭用ネットワークを上記3つ目のカテゴリーと同じように扱っています。 家庭用ネットワークの重要性を理解するために、Cisco’s Virtual Networking Indexが発表した以下のデータについて考えてみましょう。
  • 世界中の全タブレットの3分の2は携帯ネットワークに接続されておらず、WiFiでのみ使用可能である
  • すべてモバイルデータの45%は「オフロード」されている(つまり、携帯ネットワークではなくWiFi経由でアクセスされている)
  • 2018年までのモバイルデータ通信量の複合年間成長率は、北米と西ヨーロッパの最低50%から中東とアフリカの最高70%までである
これらすべてを考えると、今日の家庭用ネットワークおよびネットワークに接続されているデバイスの圧倒的過半数が保護されていないという事実はとてもショッキングです。そして、これは中途半端の最たる例です。 このような状況になったのは、日常生活における家庭用ネットワークの重要性や、停電時の確実なアクセス保護のための対策が、どれほど簡単に行えるのかを人々が自覚していないからだとしか思えません。

家庭用ネットワークの用途(映画コンテンツのストリーミング、IP電話の利用、テレコミューティング、ゲームなど)にかかわらず、長時間の停電にも耐えうる、十分な電力を供給できるバッテリーバックアップで家庭用ネットワークを保護することを強くお勧めします。 多くの場合、必要な時間は最短30分と言われていますが、住んでいる場所やネットワークの利用方法によってはそれよりはるかに長い時間が必要な場合もあります。

自分自身に固有のニーズをより確実に判断するには、APC by Schneider Electricのツール(こちら)をお試しください。 停電中も、家庭用ネットワーク機器に電力を長時間(約4.5時間)供給できる最先端のソリューションについては、こちらをクリックしてください。

家庭のWiFiネットワークに頼るところが大きいので、どのような保護方法を選んだとしても、中途半端は厳禁です。やり切ることが重要です。