仮想化などのテクノロジーにより、サーバーやアプリケーションなどの高密度化が進む中で、企業のITインフラの全体像もここ数年で大幅に変化してきました。 そのため、UPSシステムのアップグレードを怠っている場合などには、停電時に容量不足になる可能性があります。

今日のUPSテクノロジーは、最も要求の厳しいIT負荷への対応に役立つより高度な電源保護を提供します。 APC by Schneider ElectricのSmart-UPSシリーズは、アップグレードを検討する説得力のある理由となる3つの機能をサポートしています。それは、効率的「グリーン」設計、IT部門の業務がしやすくなる使いやすいLCDディスプレイ、およびインテリジェントなバッテリー監視機能です。 さらに、APCでは、ブランドに関係なく、あらゆる古いUPSを下取りする、お客様にとって魅力的なプログラムを用意しています。

1. 効率的デザインで費用を節約

最新のSmart-UPSモデルは、効率を劇的に高める設計(特許申請中)をベースにしています。 「グリーン」モードでは、電力事情が良好なときは未使用の電気コンポーネントをバイパスし、保護能力を一切犠牲にすることなく97%以上の運用効率を実現します。 従って、ほとんどのラインインタラクティブUPSと比較しても、電気料金を大幅に節約できます。

UPSの電力使用量は、装置のLCDディスプレイの電力計機能によってモニタリングできるため、使用状況を正確に把握できます。 この新しいSmart-UPSは主要なITベンダーの高効率エネルギースター認定サーバーとも互換性があります。 さらに、特定有害物質使用制限指令(RoHS)にも適合していますので、コンプライアンスの面ではまったく問題ありません。

2. 使いやすいLCDディスプレイ

新しいSmart-UPSデバイスには、柔軟性と使いやすさの実現を目的に設計されたLCDディスプレイが内臓されています。 ソフトウェアまたはディスプレイを介したUPSの構成も可能で、ラック型としてもタワー型としても使用できるディスプレイは、表示が見やすいように90度回転させることができます。

直感的な英数字ディスプレイにより、UPSおよび電力に関する正確な情報を一目で確認できます。標準メニューは、設定、テストとダイアログ、バージョン情報に加え、ステータスを提供します。 詳細メニューでは、「管理」および「ログ」オプションが追加されます。

3. 新しいライフサイクル管理およびバッテリー機能で管理が簡単に

新しいSmart-UPSラインには、現在市販されている他のどの装置にも搭載されていないバッテリー寿命予測機能も追加されています。 最適な保護を実現するため、バッテリー交換時期の正確な年と月がディスプレイに表示されます。 この予測は動的であり、バッテリー寿命に影響すると考えられる温度の違いなどによっても変動します。 バッテリー寿命を一目で正確に知ることができ、推量する必要はありません。

また、バッテリー寿命は、必要に応じて充電するインテリジェントバッテリー監視機能によって延長されます。 この機能は高精度な温度補償充電によりバッテリー寿命の延長を実現し、過充電を防止します。 また、長時間の停電後、バッテリーが完全に空の状態でも、負荷の再起動が保証されます。

4. Trade-UPSで大幅節約

こうした新機能に加え、新しいSmart-UPSへのアップグレード時には、Trade-UPSプログラムによって費用をさらに節約できます。 他社ブランドの古いUPSでも引き取り可能です。さらに製品ユーザー保証登録をいただくと、引き取りUPSの送料が無料になります。環境に配慮した適切な方法で処分してリサイクルするため、面倒な作業をひとつ減らせます。

古いUPSがITインフラの弱点にならないように注意してください。 より高性能な新しいSmart-UPS製品をチェックし、実証された信頼性、効率的な設計、今までにない使いやすさを実現する新機能を活用しましよう。詳細については、ここをクリックしてください。